フィネスは24時間365日相談受付中
フィネスは24時間365日相談受付中

好きな人には同棲している相手がいた…同棲相手と別れさせる方法とは?


2951

好きな人に同棲相手がいた、同棲しているとは知らずに好きになってしまった、という話は珍しくありません。同棲相手と別れさせて自分と付き合ってほしいと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、ただ2人が自然に別れるのを待つのは気が遠くなる話ですよね。待っていても別れるとは限りませんし、もしかしたらそのまま結婚してしまう可能性もあります。そこでこの記事では、好きな人と同棲相手を別れさせるためにできることをご紹介します。ぜひ参考にして、あなたの恋を実らせましょう!

そもそも同棲相手と別れさせることは可能なのか?

好きな人が同棲をしていたとしても、別れさせることは可能です。同棲するほどの相手と別れさせるなんて不可能ではないか、と思うかもしれませんが、場合によっては付き合って間もない関係よりも、同棲してからの方が別れさせやすいこともあります。タイミングさえ間違わなければ、同棲相手と別れさせてあなたと付き合うように誘導することも不可能ではないのです。

同棲相手と別れたくなる理由

まずは、どのような場合に別れたくなるのか、その理由を把握しておきましょう。理由を把握しておくことで、別れさせるのに適したタイミングを掴みやすくなります。

同棲カップルが別れる理由①生活リズムが合わない

就寝・起床時間やお風呂に入るタイミングなど、人にはそれぞれの生活リズムがあります。また、人によっては決まったルーティンがあり、他人と生活リズムを合わせることに苦痛を感じることもあるかもしれません。夜勤やシフト制の仕事をしている場合は、特に生活リズムにズレが生じてしまうでしょう。

生活リズムが合わないと、どうしてもストレスが溜まってしまいます。また、生活習慣の違いにショックを受けて、恋人への気持ちが冷めてしまう、ということも珍しくありません。生活リズムが合わないという些細なストレスの積み重ねによって、別れを決意するカップルも多いようです。

同棲カップルが別れる理由②マンネリ化

毎日を一緒に過ごしていると、良い意味でも悪い意味でも、同棲相手は家族のような存在になってしまいます。相手に異性としての魅力を感じることができず、関係がマンネリ化してしまうということもよくあるようです。

同棲を始めたころにはラブラブだったのに、同棲期間が長くなるにつれて新鮮味がなくなり、同棲相手の嫌なところばかり目に入るように。また、マンネリ化による同棲相手の浮気によって、同棲を解消するカップルも少なくありません。倦怠期は2人で協力しなければ乗り越えられないため、一方の気持ちが冷めてしまうと、そのまま別れを選択するカップルが多いのです。

同棲カップルが別れる理由③価値観のズレ

同棲相手との価値観の違いも、別れを選択する大きな理由の1つです。特にお金や結婚に対する価値観は別れに繋がりやすく、同棲相手との将来がイメージできないという理由から別れを決意する人が多いようです。

他にも、記念日を大切にするか、自分の時間をどれだけ確保するかなど、些細な価値観の違いが別れに繋がります。自分の中に根付いた価値観は簡単に変えることはできないため、同棲相手と別れた方が楽、という考えになってしまうのです。

同棲相手と別れさせる方法

これまでご紹介した「同棲相手と別れたくなる理由」を踏まえて、同棲相手と別れさせる方法を確認していきましょう。

別れさせるステップ①2人の現状を把握する

まずは好きな人と同棲相手の現状をチェックしましょう。同棲を開始してからどれくらいの期間が経っているのか、同棲相手に不満を抱いていないかなどを把握してから、別れさせるための行動を開始することをおすすめします。共通の友人から話を聞いたりSNSをチェックしたりして、別れさせられる可能性が高いタイミングを見極めましょう。

なお、別れさせるための行動を開始するのは、同棲を始めてから半年が経った頃がおすすめ。その頃になると、同棲相手との生活に慣れ始めてマンネリになるカップルが多いからです。同棲相手に不満を持ち始めたころに行動を開始すれば、別れさせられる可能性が高くなるでしょう。

別れさせるステップ②別れたい雰囲気があるかを確認する

同棲相手との現状を把握する中で、別れたい雰囲気や同棲相手への不満がどれくらいあるかを確認します。どちらかが別れたいという気持ちがあるのなら、2人を別れさせるチャンスです。

2人がまだラブラブだったり、別れたいという雰囲気がない場合は、焦らずタイミングを伺います。もし焦って行動を起こしてしまうと、不信感や嫌悪感を抱かれて別れさせることが難しくなってしまう可能性があるため、2人の関係に亀裂が入るタイミングを待ちましょう。

別れさせるステップ③よき相談相手になる

同棲相手と別れたいと思っていても、すぐに同棲を解消できるわけではありません。執拗に別れを進めるのは悪い印象を抱かれかねないため、とにかく良い相談相手として聞き役に徹しましょう。親身になって相手の愚痴を聞いてあげるだけでも、信頼関係を築くことができます。

あなたが相手にとって“居心地の良い人”となることができれば、相手は自然とあなたと同棲相手を比較します。そして同棲相手と別れることを決意し、あなたとお付き合いすることを考えるでしょう

同棲相手と別れさせるには「マンネリ」の時期を狙うのがおすすめ!

同棲しているカップルが別れるタイミングは、マンネリ化してしまった時期です。同棲から半年ほど経ち、以下のような状態が確認できれば、別れさせるために積極的に行動しましょう。


・同棲相手に異性としての魅力を感じない
・金銭感覚や結婚に対する価値観に不満がある
・常に一緒にいるので窮屈さを感じる

このような状態を友人経由やSNSで確認できたら、しつこすぎない程度に連絡をしてみたり、気分転換に食事に誘ったりしてみましょう。ただし、同棲相手と一緒にいる時間(夜や休日など)には連絡を控えるなど、相手の立場を優先させることを忘れずに。同棲相手との居心地の悪さをあなたがカバーできれば、別れさせた後に良い関係を築けるでしょう。

2人を確実に別れさせたいなら“別れさせ屋”を利用しよう!

タイミング次第では自分の力で別れさせることも可能ですが、必ず成功するとは限りませんし、そもそも別れさせるタイミングがわからないという方も多いのではないでしょうか。また、同棲を始めてマンネリ化になるカップルもいますが、もちろん仲が深まるカップルもいます。同棲を機に結婚を視野に入れ始めたカップルを別れさせることは、自分の力だけでは難しいでしょう。

しかしそのような状況でも、“別れさせ屋”を利用すれば2人を別れさせることができます。別れさせ屋は探偵事務所が提供するサービスで、工作員がターゲットに近付き心理誘導などを行う「別れさせ工作」を経て、2人を自然な形で別れさせます。

また、別れさせ屋は工作を依頼した時点から動いてくれるため、マンネリ化するタイミングがわからない、そこまで待っていられないという方におすすめです。確実に2人を別れさせたいのであれば、早めに別れさせ屋に相談すると良いでしょう。

別れさせ工作の流れ

それでは、実際にどのように別れさせ工作を行っていくのか、簡単に流れをご説明いたします。なお、この流れは一般的な別れさせ工作の場合です。依頼内容や同棲相手との状況によっては変化することがあるため、あくまで参考として覚えておきましょう。

別れさせ工作のステップ①同棲相手の行動や趣味をリサーチ

まずは同棲相手の行動範囲を調査して、より自然に接触できそうな場所を選定します。また、趣味や好みのタイプなどもリサーチしておき、接触後に円滑に関係構築ができるよう準備をしておきます。

別れさせ工作のステップ②工作員が同棲相手に接触し、関係を構築する

工作員が同棲相手に接触し、関係を構築していきます。事前にリサーチした結果を基に、行きつけのお店や趣味のお店などで自然な形で接触するため、怪しまれる心配はありません。接触後は心理テクニックを駆使しながら相手の警戒心を解いていき、少しずつ関係を構築していきます。

別れさせ工作のステップ③同棲相手と工作員が恋愛関係になり、破局に成功

同棲相手の趣味や性格を考慮しながら距離を縮めていき、相手と別れる決意をするように心理誘導を行っていきます。同性の工作員が接触した場合は友人としてアドバイスをする形で別れを促しますが、異性の工作員が接触した場合は恋愛関係に発展することを条件に別れを促すこともあります。

最後に2人が別れたことを工作員と依頼者で確認して、工作は終了となります。なお、工作終了後は一定期間のアフターフォローが付いている別れさせ屋もあるため、依頼をするならアフターフォローがある別れさせ屋を選びましょう。

まとめ

同棲相手と別れさせるには、マンネリ化したタイミングがおすすめです。焦ってしまうと別れさせることが難しくなってしまう場合もあるため、半年程度は2人の様子を見ながら我慢をする必要があります。

しかし、うまくタイミングを見計らったとしても、必ず成功するとは限りません。確実に成功させたい、行動するタイミングがわからないという場合は、別れさせ屋を利用することをおすすめします。カップルを別れさせるということは周りに相談し難いかもしれませんが、別れさせ屋であれば親身になってサポートをしてくれるため、まずは気軽に相談をしてみると良いでしょう。