フィネスは24時間365日相談受付中
フィネスは24時間365日相談受付中
お電話
LINE
メール

旦那に死んでほしい嫁が増加中!死んでほしい理由・旦那と別れる方法…


2715

「旦那の死を望んでいる嫁がいる」
けっしてドラマや小説だけの話ではありません。結婚当社は誰よりも大切だった旦那に対して「死んでほしい」と思う嫁は意外と多いのです。
今回は死んでほしい理由と旦那との別れ方をお伝えします。

旦那に死んでほしい理由

 

旦那に死んでほしい理由はそれぞれ。最近だと、新型コロナウイルス感染症の影響で一緒にいる時間が増えたことも原因の一つです。旦那の欠点ばかりが目につき、死んでほしいと願う嫁は多いのです。
ここでは旦那に死んでほしい理由を紹介します。

①性格の不一致

旦那の性格や好きなものに対して不満を抱く女性は少なくありません。家事や育児、働き方、休日の過ごし方など小さなことから大きなことまで、それぞれの性格や考え方は反映されます。
結婚前は価値観の違いが刺激的だったり、興味深かったりしますが、結婚後は負担になりがちです。特に育児や家事の考え方の相違は重大です。旦那から「家事や育児は嫁がするべき」とか「休日はゆっくり休みたいから家族サービスはしたくない」と言われてしまうと「死んでほしい」と思うようになります。

②暴力をふるう

旦那からの暴力に苦しみ「死んでほしい」と願う女性は多いでしょう。身体的な暴力はもちろん、精神的、性的、経済的な暴力もあります。子どもの前では良い父親を演じる場合もありますが、子どもにまで暴力をふるう旦那もいます。子どもへの暴力は我慢できず「死んでほしい」と心から願う嫁は多いのです。
また、父親が母親に暴力をふるう姿は、子どもに悪影響を及ぼしかねません。

③旦那が不倫をしている

不倫は許されるものではありません。旦那の不倫で悩んでいる嫁、家族は多いです。たった一度だけでも不倫をされると相手を信用できなくなります。「また不倫するんじゃないか」「家族を苦しめる旦那も不倫相手も死んでほしい」「生理的に受け付けられない」など夫婦の信頼関係は崩壊してしまうのです。
子どものために結婚生活を続けても、ずっと旦那のことを信じられず苦しみ続ける嫁もいます。

④家事や育児に非協力的

子育て中の夫婦で特に共働きは、嫁の不満も大きくなりがちです。
夫婦ともに働いているのに家事や育児をするのは嫁だけ。当たり前のように負担を強いる旦那に不満を抱き「1人で仕事も家事も育児もしている。旦那の存在が邪魔だから死んでほしい」と思うのです。
子どもが生まれるとライフスタイルは変わるもの。しかし、旦那だけは生まれる前と同じような生活をしていることが多く、女性は不満を抱えがちです。

⑤独身気分が抜けていない

独身のように飲みに行ったり、趣味を楽しんだりする旦那にうんざりしている場合も。
特に金銭問題は、日々の生活費はもちろんのこと、子どもたちの将来の教育費にもかかわります。旦那が浪費家だったり、後先を考えずにお金を使い切ってしまったりすると「死んでほしい」と思うでしょう。
嫁は生活や子どものために節約しているのに、旦那が独身のように好き勝手に楽しんでいると不満は溜まりますよね。

いつまでも変わらない旦那に「失望し諦めたとき」に死んでほしいと願う

 

いつまでも変わらない旦那と過ごすなかで失望と諦めを繰り返し、ついに「死んでほしい」と願うようになります。近い将来、もしくは子どもが自立した後に「離婚すること」をある種の目標として生活するように。
夫婦関係は「死んでほしい」と願った時点で破綻しているのです。妊娠や出産など産後うつになりやすい時期に旦那のサポートや理解がなければ、「死んでほしい」「別れたい」という言葉が脳裏をよぎります。
その後も家事や育児に非協力的だったり、金銭感覚や考え方などの価値観が合わなかったり、ましてや暴力、不倫をされたりすると、さらに「死んでほしい」と強く願うようになるのです。この時点で、旦那という存在を諦めてしまっているので「早く死んでくれればそれでいい」「子どもが自立しから離婚すればいい」と思うようになるのです。

旦那と離婚するための準備

 

死んでほしい理由を5つ紹介しました。死んでほしいと願いながら結婚生活を続けるパターンもありますが、どうしても我慢できない場合は離婚を決断することもあるでしょう。
死んでほしい旦那と離婚する前に準備すべきことをお伝えします。

①離婚に向けた証拠を集める

旦那の不倫や暴力、ギャンブル、借金などの浪費が原因で離婚するなら、まずは証拠を集めましょう。
しかし、自分で証拠を集めるのは簡単なことではありません。証拠集めのプロである探偵や調査会社などに任せるのがおすすめです。

②自分の気持ちと向き合う

人の気持ちは変わりやすいです。旦那の数々の悪行により「死んでほしい」「別れたい」と思っても、ちょっとした旦那の言動で決意が揺らぐことも少なくありません。
感情的になって離婚を切り出したり、旦那のふとした行動で離婚を取りやめたりすると、後悔する可能性は高いです。旦那のその場限りの言動に騙され離婚をやめてしまうのは危険です。なぜなら、人は簡単には変われないからです。時間が経てば元の「死んでほしい」旦那に戻ってしまうことが多いでしょう。
だからこそ、離婚をするかしないかの決断を急いではいけません。冷静になって自分の気持ちと向き合うのが大切なのです。

旦那と別れる方法

 


 

死んでほしい旦那と離婚する決意が固まり、証拠も収集できたら行動に移します。
ここでは、死んでほしい旦那と別れる方法を紹介します。

方法①離婚を切り出す

夫婦によって離婚の原因はそれぞれですが、不倫や暴力が原因なら証拠を提示したうえで離婚を切り出しましょう。
相手にとって不利な証拠を示し、本気で離婚したい意思を伝えられれば、相手も納得せざる負えません。

方法②家族や友人に協力してもらう

場合によっては、家族や友人などに協力してもらいます。
1対1で別れを伝えると、逆上したり場合によっては暴力をふるう可能性があるからです。信頼できる人に同席してもらえば、冷静に話し合えるでしょう。
しかし、協力してもらう相手は慎重に選ぶ必要があります。余計にこじれてしまい、離婚できなくなる場合も。

方法②別れさせ屋を利用する


 

証拠を提示しても周りからサポートしてもらっても、離婚できない可能性はあります。また、自分で不倫や暴力の証拠を集めたり、死んでほしい旦那と何度も離婚の話をするのは精神的につらいでしょう。
スムーズに離婚するために、別れさせ屋を利用する女性が増えています。別れさせ屋は最良の別れ方を提案・実践します。費用はかかるものの、手間もかからずストレスもかかりません。
死んでほしい旦那と本気で離婚したいのであれば、別れさせ屋を利用した方が良いでしょう。

死んでほしい旦那とスムーズに別れるには別れさせ屋を使う?

 

死んでほしいくらい憎い旦那でも、離婚の準備や手間を考えると二の足を踏みがちです。しかも切り出したところで、離婚できるとも限りません。
別れさせ屋なら成功率はグッと高くなります。
ここでは旦那にハニートラップを仕掛ける別れさせ工作を紹介します。

①ターゲットの好みを調査し、工作員を送り込む

別れさせ屋はターゲット(旦那)の好みに合わせた工作員を送り込みます。工作員は偶然を装い旦那と接触します。タイミングや場所など、あくまで自然に接触するのです。例えば、行きつけの居酒屋、趣味のトレーニングジムなどターゲットの生活ルートを徹底的に調査したうえで、ベストなタイミングを伺います。

②運命の相手だと思い込ませる

接触したあとは、関係を構築していきます。その際、運命の相手だと思い込ませることが大切です。
例えば、デートの帰りに偶然見つけた手相占い。占い師も仕込みなのですが、工作員が2人の相性を見てほしいと依頼します。ここで「2人は出会うべくして出会った運命だ」と伝えると旦那もまんざらではなくなるでしょう。
その後も何度かデートを重ね、旦那は完全に工作員に夢中になってしまうのです。

まとめ

 

旦那に死んでほしいと思っている嫁は少なくありません。「死んでほしい」と思っていても、なかなか離婚をするのは勇気が必要です。
しかし、不倫や暴力、浪費癖のある旦那が変わることはありません。また子どもに悪影響を及ぼします。結婚生活を続けて後悔している女性も多いのです。
死んでほしい旦那と離婚するには、別れさせ屋を利用するのありかも…2人にとって最良の別れ方を工作してくれるでしょう。