フィネスは24時間365日相談受付中
フィネスは24時間365日相談受付中
お電話
LINE
メール

「夫に死んでほしい…」 夫へ不満を募らせる妻たち…


2704

検索エンジンに「夫」と入力すると、「死んでほしい」という予測検索ワードが表示される…。一時期ネットニュースにも取り上げられ、話題になりました。こうした予測検索ワードのほか、SNSでは夫に対する愚痴のハッシュタグも作られていることから、世の妻たちが夫に対して、多くの不満をもっていることがわかります。

夫に対して死んでほしいと思う理由は様々ですが、「早く死んでくれないかな」、「いつ死んでくれるんだろう」なんて思いながら一緒に生活をするのは、精神衛生上良いとは言えません。

死んでほしいと思ってしまうくらい傷つけられた相手と、一緒に暮らす必要はありません。夫に対して死んでほしいという感情が芽生え始めたら、離婚に向けて行動しましょう。

夫に死んでほしい妻が多数?

 

検索エンジンで「結婚生活」と入力すると、予測検索ワードには「つまらない」、「ストレス」などのネガティブなワードが表示されます。そのような結婚生活の中でも、特に夫に対して不満を募らせている方が多いようで、「夫」の関連検索ワードには「死んでほしい」、「嫌い」などのマイナスワードが並びます。

またSNSでは「#旦那デスノート」なるハッシュタグが作られていたり、夫に死んでほしいと思う妻たちが愚痴を書き込む掲示板サイトなどもあります。結婚をするくらい好きだった夫が、死んでほしいくらい嫌いな相手になってしまうのはなぜなのでしょうか。

夫に対して「死んでほしい」と思うワケ

主な要因としては、夫が家事や育児を手伝わない、不倫が発覚した、家庭内暴力などの理由があげられます。特に家事育児に関しては妻のワンオペになってしまうことも多く、夫は「家事をやっている」と思っていても、妻にとっては家事をやっている【つもり】に感じていることが多いようです。

「名もなき家事」を妻がほとんど負担している場合、夫が家事を手伝ってくれない、夫は家庭のことに無関心という思いがストレスとして募ってしまいます。それに加えて、日々の何気ないストレスが積み重なり、「嫌い」から「死んでほしい」という感情に至ってしまうのでしょう。


 

夫に死んでもらうのを待ちますか?

 

理由は様々であれ、夫に対して「死んでほしい」と思いながら共同生活を送るのは、精神的に大きな負担がかかってしまいます。離婚の手続きが面倒、死んでくれた方が経済的にも助かるから、などの理由はあるかもしれませんが、夫と過ごす憂鬱な時間を早く終わらせて、新しい人生に目を向けてみませんか。一度きりの人生を謳歌するためにも、夫に死んでもらうのを待つのではなく、離婚へと一歩踏み出しましょう。

夫と今すぐ離婚したい! でも…

夫が死んでくれる前に離婚しよう!と決心しても、離婚には原則お互いの合意が必要であるため、自分がどれだけ別れたいと思っていても、夫が納得してくれなければ離婚をすることができません。話し合いによって合意が得られれば「協議離婚」が成立しますが、夫が納得してくれない場合は家庭裁判所に調停を申し立てる「調停離婚」の手続きを取らなければなりません。さらに調停離婚が成立しなかった場合は「裁判離婚」の申し立てを行う必要があります。

いきなり夫に離婚したいと切り出しても、すぐに応じてくれるとは限りません。これらのことを踏まえると、やっぱり死んでくれるのを待つ方が楽かも、と考えてしまいますが、離婚の手段の一つとして、別れさせ屋を利用するという方法もあります。

別れさせ屋を利用する?

 


 

別れさせ屋とは、相手との別れを希望する方のお話を伺い、別れさせ工作を行うことで、恋愛トラブルを解決するサービスのことです。死んでほしいくらい嫌いな相手とは、なるべく大きなトラブルを避けながら、円滑に別れたいですよね。別れさせ屋は、対象者の状況や性格等を念入りに調査してから別れさせ工作を開始するため、安心かつスムーズに離婚を成立させることが可能です。

「死んでほしい」から「離婚したい」に気持ちを切り替えたけれど、夫に離婚を切り出すのが不安、夫が離婚の話し合いをしてくれないという方は、別れさせ屋の利用を検討してみるとよいでしょう。

当社ではお客様が納得するまで無料でご相談を承っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

おわりに

 

夫に死んでほしい、と思い始めたら、まずは離婚の準備に取り掛かりましょう。しかし、早く離婚したいと思っていても、別れを切り出すには勇気が必要。死んでほしいと思い続けていても、すぐに死んでくれるわけではありません。話し合いで離婚ができるか不安な場合は、別れさせ屋に相談してみるのも一つの手段です。

一緒に暮らしている相手に「死んでほしい」などのネガティブな感情を抱いて生活を送るのではなく、離婚へ一歩踏み出して、新しい人生を謳歌しませんか?