フィネスは24時間365日相談受付中
フィネスは24時間365日相談受付中
お電話
LINE
メール

茨城県・妻(嫁)の浮気調査

茨城県・妻(嫁)の浮気調査


30時間 茨城県・32歳・男性 妻の浮気調査 調査料金・30万円

476

浮気調査・ご相談内容

 

妻の浮気を疑いだしたのは7カ月前から。よくよく考えると1年程前から怪しい行動があった。

16歳の頃から付き合っていた妻とは結婚11年目、20歳の時に子供を授かりそれをきに結婚することに。今は子供が2人、11歳の長男と6歳になる次女の二人兄妹。

妻は週に3日~4日近所のコンビニでアルバイトをしている、他の日は自分と子供のために時間を使っている。家事や炊事などを文句も言わずにやっており、まさか【浮気】を疑うことになるとは想像もしなかった。

妻の浮気を疑いだしたのはバイトに行っているはずの時間に妻の目撃情報を友人から聞かされたのと、ある時から頻繁に鳴るようになった携帯の通知音でした。

妻の浮気を疑いだしてからはLINEの通知音や、妻の行動が気になる毎日。そんな毎日を送る中で、常に妻の浮気を疑う自分が嫌になり納得させるためにも妻の浮気調査を依頼しようか悩んでいた。

会社を休み、妻には仕事と伝え、尾行したりもした。

バイトのない日に、妻の浮気現場を抑えようと1日中尾行もした。それでも浮気の証拠が掴めない。憤りを感じた。浮気の証拠よりも妻をもう一度信用するためにも事実を知りたかった。

相談者のHさんは、もう一度妻を信用したい、昔の関係に戻りたい一心で妻の浮気調査をご依頼に来られました。

妻の浮気調査

 

浮気調査を開始したのは、奥様の仕事が休みで買い物に出かける予定の日に調査開始しました。この日は友人と近くのアウトレットで合流しショッピングやランチを楽しんだ後、子供たちが帰る時間に合わせ帰宅しました。

この日の行動に不審な点があるとしたら、かなりの頻度で携帯を触っていました。

奥様に浮気相手がいるとなれば、旦那様のいない日中に浮気相手との連絡を取りあうことは浮気行為によくあることです。

週末に奥様がご友人と出かけると情報が入ったので、その日に調査を行いしました。

その日は奥様は12時頃に外出、帰りは遅くなるから夕飯は子供たちと食べてと伝えており、浮気をするならこの日の確立が高いと判断しました。

予定通り午後12時に家を出て、最寄り駅まで徒歩で向かいます。辺りを見渡し警戒している様子でしたが電車に乗ると警戒心も薄れ誰かと連絡を取っていました。

30分後とある駅で降り改札を出ました。待ち合わせをしていたには男性の方でした。

車に向かうと以前買い物に出かけた女性の方も居おり、男性二人、女性二人で車に乗り出発しました。当社の調査員も急遽タクシーをつかまえ引き続き浮気調査を断続します。

途中、食事を済ませ、次は映画館に向かいました。

調査員も中までついていきます。2列離れ後ろに座り、奥様と男性達をよく見ると座る順番がおかしなことに気づきました。

男性、奥様、男性、女性の順番で座っているのです。ただのご友人関係ならこの様な座り方はしないはずです、Wデートのカップルのような座り方をしていました。

調査員は長年の経験から限りなく黒に近いと判断しました。また隣の男性が妻の浮気相手である可能性が高いと判断し浮気現場の証拠資料となるだろう写真を抑えました。

映画館から出ると奥様と男性達は近くの居酒屋に入ります。

調査員は映画を見ている間にもう一人の調査員を車で来るよう伝え、いかなる調査にも対応できるように段取していました。

その調査員と共にお店に行き隣の席で会話を聞きとり調査します。

やはり男性と妻は頻繁に密会を繰り返しているようで、この4人は浮気の事実を周知しているようでした。

この日は居酒屋を出ると男性に奥様の家の近くまで送ってもらい、何事もなく帰宅したので調査終了となりました。旦那様には後日、この日の出来事を報告させていただきました。

それから8日後に急遽、奥様が出かけることになったと連絡が入ったので近くにいた調査員が対応しました。

前回と同じく徒歩で駅に向かうのかと思いきや近くのファミレスで大胆にも男性と合流しました。

その男性はやはり前回怪しいと目星をつけた方でした。

なれた様子で車に乗り込み走り出しました。調査員も急いで尾行調査を開始しました。

40分程移動すると道路脇にホテルの看板が見えてきました。2人は周りを警戒することなくラブホテルに入っていきました。

すかさずホテルに入る瞬間の証拠を抑えます、出てくる時の証拠も抑えるために待機します。

これで奥様の浮気は確実なものになりました。

担当員はこの事実を旦那様に伝え、後日証拠資料をお渡ししました。