フィネスは24時間365日相談受付中
フィネスは24時間365日相談受付中

【復縁工作実例紹介】元彼と復縁したい


実働回数・10回 愛知県・30代・男性 元彼女と復縁する 着手金額70万円 成功報酬30万円

750

付き合うよりも難しいと言われている元彼との復縁。「どうせ無理だ」と諦めてしまう方も多いようですが、その前に自分でできる復縁方法を試してみませんか?この記事では元彼と復縁する方法と復縁工作についてご紹介します。実際に復縁屋が行った復縁工作の内容もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

元彼と復縁する方法

 

元彼と復縁する方法は別れ方によって異なりますが、どのような別れ方でもまずは冷却期間を置いて、自分の気持ちや考えを整理することから始めましょう。数週間から数ヶ月ほど冷静に考えることで、なぜ別れることになったのか、直接の原因は何かを客観的に見つめ直すことができます。元彼と復縁する前に、別れることになった原因を分析して改善しておきましょう。

冷却期間が終わったら、元彼と復縁するきっかけを作ります。以下はきっかけ作りの一例ですが、元彼の状況や気持ちによっては逆効果となってしまうこともあります。

1.連絡をしてみる

2.変わった自分を見せつける

3.共通の友人を通じて自分をアピールしてもらう

4.復縁工作を利用する

元彼に直接連絡をする方法が一番の近道となりますが、ケンカ別れなど関係が壊れるような別れ方をした場合は、連絡の方法を間違えてしまうと復縁が難しくなってしまう可能性があります。そのため、共通の友人やSNSなどを通じて、間接的にアピールする方が良いでしょう。

復縁したい時のNG行為

 

「元彼に新しい彼女ができたらどうしよう」、「すぐに連絡すれば考え直してくれるかもしれない」。そんな思いから、別れて間もない期間に復縁を迫るLINEや電話をしてしまいがちです。しかしこの行為は、復縁をする上では逆効果となってしまいます。

別れた直後はお互い気持ちの整理ができていない状態です。その状態でしつこく連絡をしてしまうと、元彼はその連絡に嫌気が差してしまい、復縁の可能性が0になる可能性もあります。お互いの気持ちが整理できるまでは、連絡や接触はなるべくしないように気を付けましょう。

復縁工作をおすすめする理由

 

どうしても復縁したい場合におすすめなのが復縁工作です。自分で復縁をする場合、元彼の近況調査などは自力で行う必要があります。何より元彼に復縁の連絡をすることが、精神的な負担になるという方も多いでしょう。

復縁工作では工作員が復縁のサポートをしてくれるため、精神的な負担を軽減することができます。連絡の取り方や立ち振る舞いなどのアドバイスもしてくれるため、復縁に効果的なアプローチをすることができます。これが復縁工作をおすすめする大きな理由です。

また、元彼の近況調査や復縁のきっかけ作りはすべて工作員が行うため、自分磨きなどに集中できるというメリットもあります。費用はかかってしまいますが、自分磨きを頑張って元彼を振り向かせたいという方や、自分から元彼に連絡をとる勇気がないという方にぜひおすすめしたいサービスです。

復縁工作ご相談内容

 

それでは復縁工作の実例をご紹介します。
※個人の特定を防ぐため、内容を一部変更しています。

依頼者のDさんと元彼は、2ヶ月前に些細なケンカがきっかけで別れてしまったそうです。いつもはケンカをしても数日経てば自然と仲直りをしていたそうなのですが、その時のDさんはついカッとしてしまい、元彼の部屋を飛び出して一方的に別れのLINEをしてしまったそうです。

LINEは既読になっていたものの、元彼から何もアクションがないため、Dさんは怖くて謝罪や復縁の連絡ができない、とのことで復縁工作をご依頼されました。復縁工作は他の恋愛工作に比べて難易度が高いため、ヒアリングと打ち合わせは念入りに行います。元彼に関してできる範囲の情報を提供してもらい、綿密な復縁工作ができるように準備を整えました。

復縁工作内容

 

今回の工作は以下の工程で行いました。順番に詳しくご紹介いたします。

1.元彼の調査
2.元彼と接触、関係構築
3.元彼の本音を探る
4.復縁のきっかけを作る
5.元彼とDさんが接触、関係の再構築

1.元彼の調査

まずは復縁の対象となる元彼の調査をしていきます。今回はDさんが元彼の自宅や趣味、行きつけのお店などをすべて把握していたため、調査はすぐに終えることができました。

元彼はショップ店員で、早番が多く休みは不定期です。休みの日はほぼ毎回外出しており、Dさんに教えていただいた行きつけの趣味関連のお店に足を運んでいました。行動パターンが把握できたら、それを元に接触場所を決定していきます。

2.元彼と接触、関係構築

今回は復縁が目的なので、年齢の近い同性受けの良い男性工作員を選出しました。工作員は元彼の趣味に関する知識もあったため、接触は元彼が休みの日に良く行く趣味関連のお店で行うことにしました。

元彼はDさんから聞いていた通り人当たりが良かったため、すぐに仲良くなることができました。工作員も元彼の趣味に精通していたため話が弾み、接触したその日に連絡先を交換することができました。

3.元彼の本音を探る

元彼の友達も交えて出掛けることが増え、お互いのプライベートの話ができるような関係を構築することができたところで、会話に恋愛話を織り交ぜながらDさんへの気持ちや復縁について聞き出します。

結果、元彼は今もフリーで、気になる人もいないとのことでした。Dさんと別れた時のことも話してくれましたが、話し合いもせずに一方的に別れを告げられたことに対して相当なショックを受けており、しばらくは女性と付き合うことは考えていない、と話してくれました。

4.復縁のきっかけを作る

元彼から聞いたことをDさんに報告すると、Dさんはパニックになってしまったのか、元彼に「あの時はごめんなさい」と連絡をしてしまいました。事前に「タイミングを指示するまで、元彼への連絡は控えてください」と伝えていましたが、元彼の気持ちを聞いて気が動転してしまったようです。

工作員はすかさずフォローをして、「あの時のことをきちんと謝りたいから時間を作ってもらえないか」というLINEを改めて送るようアドバイスしました。すると間もなく元彼から返事がきて、2人は一週間後に直接会うことになりました。

Dさんには元彼に伝えるべきことややってはいけないことなどをアドバイスして、決して感情的にならないように気を付けていただきます。元彼は一方的な別れにショックを受けていたため、きちんと謝り、当時の気持ちや後悔していることをしっかりと言葉で伝えられるよう、事前に準備してもらいました。

5.元彼とDさんが接触、関係の再構築

2人が会った後、Dさんの気持ちが伝わったのか、友達として連絡が取れるようになったと報告がありました。その後は男性工作員が元彼の意識を復縁に向けるよう心理誘導を行ったり、Dさんに連絡の取り方などをアドバイスしたりしながら、復縁に向けて工作をしていきました。

すると2人が連絡を取り合うようになってから1ヶ月が過ぎたころ、Dさんから「付き合うことになりました」と嬉しいご報告をいただきました。元彼と接触していた工作員からも、「元彼から復縁の報告があった」と報告があったため、無事復縁工作は成功となりました。

今回の復縁工作の振り返りポイント

 

今回の事例では、Dさんは工作中に自分の判断で元彼に連絡をしてしまいました。このような先走り行為は、復縁工作を含めた各種恋愛工作ではなるべく控えていただきたい行為です。

今回は工作失敗に繋がるようなことはありませんでしたが、場合によっては復縁工作であることが相手にバレてしまったり、工作員が築き上げた関係が壊れてしまったりすることもあります。

自分の気持ちを一方的に相手に伝える、返事が来ないからといって何度も連絡をしてしまう、相手に直接会いに行くなどの行為は、自分の気持ちは満たされても、相手に悪い印象を与えかねません。状況によっては修復不可能な関係になってしまうこともあるため、感情的になって突発的な行動をしないように気を付けましょう。

まとめ

 

自分の力で復縁を目指すこともできますが、一度壊れた関係を修復するというのは、思った以上に時間と労力がかかります。自分の力だけでの復縁は難しいと思ったら、復縁工作の利用を検討してみるのも良いでしょう。

復縁工作のメリットや詳しい内容をご紹介した記事もあるので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

依頼前に要確認!復縁工作の内容とメリット