フィネスは24時間365日相談受付中
フィネスは24時間365日相談受付中
お電話
LINE
メール

もしかして不倫旅行?不倫旅行の特徴と見抜き方


2707

不倫は、一般的な恋人のように堂々とデートができません。不倫相手と時間を気にせずに2人の時間を満喫するために、不倫旅行を計画することもあるでしょう。
しかし、不倫旅行はリスクが高いです。バレると今後の不倫関係はもちろん、家庭にも大きな影響を及ぼします。
今回は不倫旅行の特徴と見抜き方をお伝えします。

そもそも不倫旅行をする理由とは?

 

会える時間も場所も限られてしまう不倫関係。だからこそ普通の恋人のようなデートを夢見ることが多いのでしょう。
不倫旅行をするカップルには、大きく分けて2つの理由があります。

不倫旅行をする理由①恋人気分を味わいたい

きれいな景色やおいしい食事など特別な時間を共有するために、不倫旅行をするカップルが多いです。
日頃は我慢することが多い不倫関係。旅行先では人目をはばからず手をつないだり、腕を組んで歩いたりと恋人気分を味わいたいのです。

不倫旅行をする理由②非現実な空間を楽しみたい

結婚して子どもができると生活は大きく変わってしまいます。なかなか自分だけの時間を作るのは難しいでしょう。だからこそ不倫旅行で、非日常を楽しみたいと思うのです。
家族旅行だと子どもが主役なので、行ける場所も食べるものも限られることも。
しかし不倫旅行であれば、自分たちが主役なので、純粋に旅行を楽しめるでしょう。

不倫旅行の特徴とは?

 

不倫旅行をする理由がわかったところで、不倫旅行の特徴を見てみましょう。
もしパートナーの行動に思い当たる節があれば、不倫旅行かもしれません。

特徴①アリバイを作る

不倫旅行にはアリバイが必須です。アリバイ工作には以下のようなものがあります。

・仕事の出張
・遠くに住む友人に会いに行く
・地元の同窓会に参加する
・身内や親戚のお見舞い

不倫旅行の際は、友人に口裏合わせをお願いすることも少なくありません。綿密なアリバイ工作により、不倫旅行を楽しめるのです。

特徴②途中で合流、もしくは現地集合

一般的なカップルなら、恋人の自宅まで迎えに行ったり、出発駅の改札口で待ち合わせしたりするでしょう。
しかし、不倫旅行の場合は途中で合流するか現地集合がほとんどです。家族バレを防ぎたいのはもちろん、近所の人や友人、会社の同僚などにも見られるのは危険だからです。

特徴③お土産は買わない

本来、友人との旅行や出張であればお土産を買って帰るのが一般的。しかし不倫旅行ではお土産を買わないことが多いです。ボロが出て、パートナーや家族に疑われるのを恐れているからです。
たとえば、家族に伝えている出張先と実際の旅行先が異なる場合、お土産によってボロが出る可能性もあるでしょう。

特徴④写真を撮らない

やはり不倫関係なので、旅行中も写真を撮ることは少ないでしょう。
写真は証拠になるからです。不倫旅行がバレると、離婚騒動や慰謝料請求、場合によっては会社を辞めなければならないかもしれません。
楽しい旅行のはずなのに、1枚も写真がないのであれば不倫旅行の可能性が高いでしょう。

不倫旅行に人気のスポット

 

不倫旅行をする理由や特徴を踏まえたうえで、ここからは不倫旅行に人気のスポットを紹介します。

人気スポット①都市部

周囲にバレずに、不倫旅行を楽しむには場所選びも重要です。
都市部だと、出張など仕事を理由にしやすいでしょう。また人が多い都市部は、人混みに紛れられる安心感もあります。
家族や知人に見つからずに、堂々と不倫旅行を楽しめるのです。

人気スポット②温泉

不倫旅行といえば、温泉をイメージする人も多いでしょう。現在も温泉地は、不倫旅行のスポットとして人気です。
不倫旅行では、プライベートを確保した離れのある旅館やゆっくり過ごせる部屋食、温泉付きの客室など、2人だけの時間を楽しめる空間が必須なのです。

人気スポット③リゾート地

離島など滞在型のリゾート地も人気です。
非日常が味わえるうえに、開放的な気分になりやすいのでしょう。不倫関係である罪悪感を忘れ、満足度の高い旅行が楽しめます。

人気スポット④出張先

不倫旅行の言い訳に「出張」は使いやすいフレーズでしょう。
実際に、出張でよく訪れる場所を、旅行先として選ぶことも少なくありません。なじみの居酒屋やバーなどに不倫相手を連れていくことも。

不倫旅行を見抜くコツ

 


 

不倫旅行に人気のスポットを紹介しました。
急な出張や外出が増え、不倫を疑っている人も多いでしょう。ここでは、不倫旅行を見抜くコツをお伝えします。

コツ①検索履歴

まず、宿泊先を探すには、検索履歴の確認が不可欠です。
スマホの検索履歴や予約確認のメールなどをチェックしてみましょう。特に、2名やダブルなど不倫旅行を連想させるようなワードがないか細かく確認します。

コツ②不意打ちの電話

外出前に「仕事で忙しいから、電話には出られない」と言われることもあるでしょう。なぜなら、2人だけの不倫旅行を満喫したいからです。
だからこそ、急用のふりをして不意打ちの電話をしましょう。その際に、相手の反応や周りの音を注意深く聞いてください。

コツ③帰宅後の荷物

旅行から帰ってきたら、荷物の片づけを手伝うふりをしましょう。ホテルやレストランのレシートがないか、シャツに香水や髪の毛が付着していないかをチェックするのです。

コツ④クレジットカードの明細

クレジットカードの明細は郵送、もしくはネットで確認できます。クレジットカードの履歴にある利用先と金額をチェックしましょう。
また、ICカード乗車券の履歴を確認するのもおすすめです。

不倫旅行は不貞行為の証拠を掴みやすい

 


 

不倫旅行は一般的な旅行とは異なるため、念入りな工夫やアリバイ工作が必要です。しかし、完璧な工作ができる人はほとんどいないでしょう。
実際に、クレジットカードやICカード乗車券の明細でバレたり、SNSの投稿で不倫旅行と気づかれたり、同僚や友人の裏切りでバレたりすることも少なくないのです。
また、不倫旅行から帰宅すると、気が緩んでしまい痕跡を残しがち。写真や動画のデータ、領収書など不貞行為の証拠を掴みやすいです。