フィネスは24時間365日相談受付中
フィネスは24時間365日相談受付中
お電話
LINE
メール

【恋愛工作って何?】恋愛工作で新しい人生をスタートしよう!


1017

恋愛工作とは

 

恋愛工作とは恋愛の悩みを解決するためのサポートをするサービスで、別れさせ工作や復縁工作なども恋愛工作の1つです。恋愛工作では個人の行動調査を行うことがあるため、探偵業の届出を提出している探偵事務所しか提供できないサービスとなっています。

恋愛工作の種類

 


 

恋愛の悩みは人によって異なるため、恋愛工作にも様々な種類があります。探偵事務所に相談をすれば、お悩みに合った最適な恋愛工作を提案してくれるでしょう。その中でもご利用が多い恋愛工作を4つご紹介いたします。

別れさせ工作

お付き合いをしている2人を別れさせる恋愛工作です。「パートナーが浮気をしているから浮気相手と別れさせてほしい」、「恋人を略奪されたので取り戻すために2人を別れさせてほしい」といったご依頼が多く、恋愛工作の中でも心理誘導や駆け引きを使う場面が多いことが特徴です。

別れ工作

ご依頼者が現在お付き合いをしているお相手と別れるための恋愛工作です。DVやモラハラにお悩みの方が、穏便に別れられるようにサポートします。恋愛の悩みを解決するだけでなく、自分自身を守るための恋愛工作でもあります。

復縁工作

過去にお付き合いをしていた人と復縁するための恋愛工作です。恋愛工作の中でもご依頼者に協力していただく場面が多いことが特徴です。復縁したい相手にすでに恋人がいる場合は、別れさせ工作をしてから復縁工作に移行することも可能です。

出会い工作

気になる人との出会いをサポートする恋愛工作です。気になる人になかなか声がかけられない、憧れの人との接点がほしい、といった方が自然な形でお相手と出会えるように、2人の出会いをサポートします。

恋愛工作成功の秘訣

 


 

恋愛工作における1つのテクニックとして、“聞き上手”になることが挙げられます。対象者と関係を築いていく以上、コミュニケーション能力の高さも重要ですが、話をよく聞いて会話の引き出しを開けてあげることで、相手との距離をぐっと縮めることができるのです。

そのほか、恋愛工作は人の心理が絡むため、心理テクニックも重要です。相手の心理を思うように誘導することが、恋愛工作成功への近道となります。以上のことから、コミュニケーション能力と心理テクニックを上手に活用することが、恋愛工作成功の秘訣といえます。

【恋愛工作事例】30代女性の別れさせ工作

 

それでは、実際に当社が行った恋愛工作事例をご紹介いたします。今回は別れさせ工作のご依頼でした。

※個人の特定を防ぐため、内容を一部変更しております。

依頼者の女性Tさんは、既婚者の男性と3年以上お付き合いをしているということでした。彼と奥さんの関係は冷めきっていると聞かされており、付き合った当初から「妻とは離婚するから」と言っていたそうです。Tさんはその言葉を信じて待っていましたが、離婚どころか別居すらしない彼に痺れを切らし、彼と奥さんを別れさせるための恋愛工作をご依頼されました。

今回の恋愛工作の対象者は彼の奥さんなので、まずは奥さんの行動調査からスタートします。自宅の場所はTさんが情報提供をしてくれたため、調査はスムーズに進みました。調査した結果を元に、対象者との接触ポイントを決定していきます。

別れさせることを目的とした恋愛工作では、対象者と接触する“場所”と工作員の“第一印象”がとても重要になります。慎重に調査を重ねていきましたが、奥さんには行きつけのお店やよく行くスポットなどがなく、なかなか接触ポイントを絞ることができませんでした。

そのため、奥さんの行動調査に女性の工作員も同行させ、現場判断で突発的に接触することにしました。通常の恋愛工作では綿密な計画を立てて対象者に接触しますが、今回のケースのようにイレギュラー対応をすることもあります。

ある日、奥さんがお友達と一緒に喫茶店でお茶を楽しんでいるところに、女性工作員が後から入店し、様子を伺うことにしました。数時間後、奥さん達がお茶を終えてレジに向かうと、座席に忘れ物があるのを発見しました。工作員はこのチャンスを活かし、レジに並ぶ奥さんに話しかけ、接触を図りました。

忘れ物はお友達のものだったのですが、会計までの間に軽く会話をすることに成功し、印象を残すことができました。その後、日を置いて偶然を装った接触を重ねていきます。最初に接触した喫茶店で偶然出会った際には、奥さんが「良かったら一緒にお茶しませんか」と誘ってきたため、その日に連絡先を交換し、関係構築を進めていくことにしました。

連絡を取り合いながら、奥さんと旦那さんの家庭環境を聞き出します。Tさんが彼から聞いていた通り、夫婦仲は冷めきっているようで、ただなんとなく夫婦関係を続けているとのことでした。奥さんは旦那さんと婚姻関係であることに疑問を持ち始めていましたが、離婚の手続きや世間体を気にして離婚に踏み切るに至っていない、と話してくれました。

そしてある日偶然、奥さんの趣味に関するイベントが開催されることを知りました。工作員が奥さんをイベントに誘うと、一緒に行きたいと思っていた、と返事がきました。そのイベントには男性工作員を参加させ、奥さんに接触を図ることにします。

イベント当日、工作員が奥さんをさり気なく男性工作員の近くに誘導し、タイミングを見計らって男性工作員が声を掛けます。同じ趣味ということもあって会話が盛り上がり、帰り際には連絡先を交換することができました。

男性工作員は連絡先の交換後、趣味の話題と心理テクニックを織り交ぜながら奥さんと連絡を取り合いました。奥さんは次第に男性工作員に興味を持ったようで、2人きりで出掛けることも増えていきました。

関係も深まってきたある日、男性工作員は奥さんに「付き合ってほしい」と告白をします。すると奥さんはここで、「付き合いたいけれど、実は結婚しているの」と打ち明けました。この時、男性工作員は離婚を後押しするようなことはしません。「残念だけど諦める」と言うと、奥さんは「旦那と離婚したら付き合ってくれる?」と聞いてきたので、「もちろん」と答えました。

数日後、奥さんは男性工作員のことを女性工作員に相談してきました。女性工作員には離婚経験があると事前に伝えていたため、相談相手に選んでくれたのでしょう。工作員は「その人が本当に好きなら今の旦那と離婚して、自分の人生を楽しんだ方がいいよ」などとアドバイスをしました。

それからしばらくして、奥さんから男性工作員に連絡がありました。内容は「旦那と離婚したから付き合ってくれませんか」というもので、男性工作員はもちろんOKと返事をして、お付き合いを始めます。同じ頃、Tさんからは「彼と正々堂々と付き合えるようになりました」と嬉しいご報告をいただき、彼と奥さんを別れさせる恋愛工作は無事成功となりました。