フィネスは24時間365日相談受付中
フィネスは24時間365日相談受付中
お電話
LINE
メール

元彼女と復縁する手段

元彼女と復縁する手段


実働回数・22回 福島県・24歳・男性 元彼女と復縁 着手金額132万円    成功報酬45万円

148

復縁工作ご相談内容

 

ご依頼者のTさんは数年お付き合いした元彼女(以下I子)と復縁したくご相談に来られました。別れの直接の原因は些細な喧嘩からヒートアップ、日頃の不満がこの時に爆発しお互いおさまりの付かない状態になり喧嘩別れ。

復縁のために謝罪のラインをしたが無視されてそのまま自然消滅。しかし半年間忘れることが出来なかった為、復縁工作のご依頼を決断しました。

復縁屋フィネス工作内容

 

着信拒否やブロックをされているわけではないが、共通の友人からI子が【Tとは今後連絡すら取りあう気もない】と聞かされていたため、I子さんの行動調査から始めました。調査して解ったのはI子さんには新しい彼氏はまだいないこと、職場は以前と同じでよく職場の同僚と飲みに行くことでした。おおよその状況は掴めたので復縁工作に以降していきます。

工作方法は当社でも会議をして決めました。

今回はあえてI子さんを嫉妬させることで相手から距離を縮めてもらい復縁させる方法です。なぜこの方法を選んだかと言うとI子さんは周りに【Tとは連絡をとらない】と愚痴を言うほど怒っている。喧嘩した後、謝罪のLINEすら無視して半年間返信すらない状態。この状況でI子さんと普通に接触しても心理的に何かが変わることはなく、その後の復縁工作に繋がらない可能性が大きいためでした。

今回の復縁工作は、当社の女性工作員とTさんが2人でI子がいるBARに行き接触しました。この日の復縁工作は大成功。I子はTさんがいることに気がつくと何度もこちらの様子を伺っている、TさんにはタイミングをはかりI子に声をかけてもらいました。するとI子は【彼女?】など色々と質問してきたそうです。帰宅途中にはI子からLINEがきました、Tさんは喜びすぐさま返信しようとしたがこの日は返信せずに帰宅していただきました。後日LINEのやり取りが再開、I子とのやりとりに気をつけてもらい復縁工作をしていきます。ここでは相手の気持を惹きつけることが重要でした。

この他にもI子さんと遊んでいる時に違う女性工作員がTさんの友人として声をかける、他の女性が近くにいることを認識させるためにわざとボディータッチを見える位置でおこない親しいことなどをアピールしてI子さんに心理的プレッシャーをかけました。

徐々にI子さんはTさんと居る時間が増え元の関係(復縁)に戻ることができました。復縁工作終了後も半月程I子さんとの接し方などアドバイスさせていただき案件終了となりました。